2016年07月25日

「GAM WOOD WORK」

お友達のお店をご紹介。

ずっと前から行きたかった、木工芸術スクール時代の同窓生、河合くんのお店「GAM WOOD WORK」に行ってきました。
重厚なエントランスドアがかっこいい。アンティークドアに見えますが、彼の手作りです。

16072501

オーダー家具からリフォーム、店舗内装からヴィンテージ家具、小物まで取り扱っています。店内には彼が海外から買い付けた1点ものの家具や雑貨が所狭しと並んでいます。

16072502

店舗内装から什器まで全て彼の作品です。前々からやるな、とは思っていましたが、ここまでとは…。さすがです。(^_^;)

16072503

奥の扉から2階の住居スペースに続いています。将来は2階をカフェにしたいそうです。

16072504

迫力のある大型のインダストリアル系照明も。直径70cmくらいかな?

16072505

センスの良い食器類も取り扱っています。

16072506

彼の作った家具や雑貨も並んでいます。そしてこの壁、アンティークレンガに見えますが、実はレンガではなくモルタル造形だそうです。こちらはUSJの造形も手掛けられた職人さんに施工していただいたそうです。この質感…、スバラシイ…。

16072507

車で数分の工房も見せていただきました。こちらはお祖父さんが使われていた納屋を改装したそうです。小屋好きに私にとってはこの建物もよだれものです…。それをまたオシャレに改装しちゃって…。

16072508

このムキダシ感がたまらんわ~。うらやましい…。

16072509

忙しいところ、お邪魔しましたー。大変よい刺激になりました。スープファニチャーも頑張ろうっと。(^_^;)



■「GAM WOOD WORK」

愛知県豊橋市中浜町219-45

11:00~19:00 定休日:日、第2・4土

tel 0532-21-9660

家具・建具・什器 製造販売 店舗デザイン リノベーション

http://gamwoodwork.jimdo.com/

posted by 雄倉高秋 at 17:15 | Comment(0) | ショールーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

テーブルの再塗装

テーブルの再塗装のご依頼を頂きました。
当工房で製作したテーブルではありませんが、大工さんが手仕事で作られた大きな丸テーブルでした。7年ほど使用されていたそうですが、現状のウレタン塗装をやめて自然塗料で仕上げて欲しいとのご依頼でした。

16062001_2

ひとまず工房に持ち帰り、分解作業に入ります。分解することで、隅々まで綺麗に作業ができます。
「へー、こんな構造になってるんや。」「こんな作り方はあかんやろー」など、他の方の作られた家具を分解するのは、いつもいろいろと参考になります。

16062002

剥離剤を刷毛で塗っていきます。数分〜数十分でピキピキと塗装が浮き上がってきます。

16062003

浮き上がってきた塗装をヘラでしごいて取り除いていきます。天板の表面はウレタン塗装が3層に塗られていたため、剥がす時もこの作業を3回ほど繰り返しました。

16062004

表面を研磨すると、ようやく生地が出てきました。この時点で木目と香りから樹種はヒノキと判別できました。

16062005

オスモウッドワックスのクリアで仕上げさせて頂きました。

16062006

綺麗な木目が出てきてひと安心。組みたてて無事完成、納品です。お客様にも喜んでいただきました。

修理は専門ではありませんのでお断りすることもありますが、可能な場合はさせていただきますのでお悩みの方は一度ご相談ください。

posted by 雄倉高秋 at 09:48 | Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月31日

北九州市小倉 Y様より

先月、「25CD wall lack」を注文させていただきました、北九州・小倉「Bar 猫の髭」の横山です。お店も開店して一か月を迎えることが出来ました。

CDラックは、お店のインテリアにしっかり溶け込んで、来店されたお客様にも大変好評でお褒めの言葉を多数いただいております。

現状、開店を急いだため、照明のチョイスが間に合わず、インテリア的には、まだまだ未完な状態です。SOUP FURNITUREさんのHPを参考に、このCDラックを照らす照明を探している最中なのですが、なかなか合ったものが見つからずに・・・といった状況です(^^;)
雄倉様にもアドバイス頂ければ幸いです。

良い作品を譲って頂き、本当にありがとうございました。

Image_f3ac16f

Image_4729a3f
Y様

この度はスープファニチャーにご注文頂き誠にありがとうございました。お急ぎとのことで、ご相談の上、ショールームで展示しておりました色違いの「25CD wall lack」(ナチュラル)をブラウンに塗装し直して発送させていただきました。ちょうど現品があって本当に良かったです。

毎日たくさんの方に見ていただけて、お褒めの言葉も頂いてとても嬉しいです。照明の件、別途メールで送らせていただきました。またご相談等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。

この度はご注文ありがとうございました。

スープファニチャー 雄倉高秋

posted by 雄倉高秋 at 07:28 | Comment(0) | お客さまからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

「座面を張ろう」開催いたしました。

ワークショップ「座面を張ろう」を開催しました。お天気に恵まれた2日間でした。

01
看板はいつものようにフウカノン(娘たち)に依頼しました。今回もいいカンジに仕上げてもらいました。

02
まずご用意させていただいた脚部をお好きな色に塗装していただきます。

03
次に、クッションを座面のかたちにカットしていきます。

04
座板とお持ちいただいたハギレでクッションをサンドイッチし、位置決めをしてひっくり返します。

05
タッカーでバランスよく止めていきます。

06
押さえる人とタッカーで止める人、2人で作業すると楽ですね。

07
最後に座面と脚部をネジ止めして完成です。

09
文章にすると簡単に見えるかもしれませんが、これが結構大変なのです。クッションのカットにもそれぞれの性格が出ますし、シワなくバランスよく綺麗に張るのは結構難しいです。でも、皆さんなんとか上手に仕上げて頂き、2日間合わせて23脚の個性豊かなスツールが完成しました。

今回初めてのワークショップでしたが、参加者の皆さんにとても喜んでいただき、また予想以上に素敵なスツールがたくさんできて、僕自身も楽しめたワークショップでした。また機会があれば開催したいと思います。

参加していただいた皆様、ありがとうございました。m(__)m

posted by 雄倉高秋 at 17:25 | Comment(0) | workshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

ワークショップ 「座面を張ろう」参加者募集中!

16040101ws_2

スープファニチャーでは「かんじる比良」特別企画としてワークショップ 「座面を張ろう」を開催します。

御不要になりましたデニム、トレーナーやハギレを座面に張って、スツールを完成させましょう。スツールの高さは25cmと45cmの2種類、座面のかたちは「マル」と「シカク」の2種類。脚部は加工済み。自然塗料で好みの色に塗って仕上げます。
世界に一つだけのオリジナルのスツールを完成させませんか?

【日時】
@ 5/21(土)10:00〜12:00
A 5/22(日)10:00〜12:00

【開催場所】
滋賀県大津市北小松1684-5
スープファニチャーの工房
090-4030-9855

【料金】5400円/脚(税込)
【定員】各日12脚(要予約/先着順)
【スツール】
座面:20×20 cmまたは20cmφ
高さ:25cm または 45cm
材質:パイン材

【お持ちいただくもの】
・ 厚手のハギレ30×30 cm以上
 (薄手の場合は2重にしますので倍のサイズをご用意ください)
・裁断用のハサミ

【お申込み】
お申込み・お問い合わせはメールまたはオーダーフォームから。お名前、連絡先、ご希望の日、個数、高さ(25cmか45cm)、形(マルかシカク)を記入してお申込みください。

メール: soupfurniture@leto.eonet.ne.jp

オーダーフォーム: http://www.soupfurniture.com/mailform/postmail2.html

※ 定員になり次第締切りとさせて頂きます。
※ 汚れてもいい服装でお越しください。
※ 小学生以下は保護者同伴でご参加ください。
※ カッターナイフを使用しますので小さいお子様は十分お気を付け下さい。
※ お二人以上で1脚でも可。

16022101_2

16022102

 

 

posted by 雄倉高秋 at 23:20 | Comment(0) | workshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする