2014年04月14日

ガイドマップ完成

かんじる比良のガイドマップが完成、配布が始まりました。
今回もデザインを担当させていただきました。
色々な面で、思い入れの深いマップに仕上がりました。

各参加店で無料配布中です。ぜひ手に取って、比良エリアの散策にお役立て下さい。

14041401

posted by 雄倉高秋 at 09:30 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

歴史ハイキング参加者募集

10月になっても暑かった今年の夏もようやく終わり、あっという間に秋が到来。
 
今年も恒例の、「かんじる比良」主催の歴史ハイキングが開催されます。
お申込み、詳細はこちら。
http://kanjiruhira.org/
 

Hike

posted by 雄倉高秋 at 08:41 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

かんじる比良ミニツアー(後半)

続いては青木煮豆店さん。店前には座って食べれるスペースがありました。

13060116

煮豆専門店ですが、煮豆で作る手作りの「どらやき(4種)」が人気です。ボリュームたっぷりで私も大好き。

13060117

こちらにもおくどさんが!

13060118

次は八光窯さん。ご自宅の一室に作品を展示されていました。

13060119

美しくて使いやすそうな食器や花器が並んでいます。

13060120

少し昔にネスカフェの宣伝に使用されたというコーヒーカップも見せていただきました。すごい!(写真撮るの忘れました…)

13060121

自宅裏の工房を見学させていただきました。

13060122

人様の作業場を見せて頂くのは本当にワクワクします。自作の窯が何台か設置されていました。少人数ですが陶芸教室もされるそうです。御歳74歳のご主人ですが、なんとホームページやブログ、facebook、ネットショップまでされているのに驚きです!

13060123

最後はうちの番、スープファニチャーです。

13060124

ショールーム・工房・デッキ・スープの森と、ひと通り見学して頂きました。

これで今回のミニツアーは終了です。回ってみてかんじたのが、みなさん暮らしを楽しんでおられるという事。「ないものは作る」という楽しみを満喫されている方が多く、そんな方々の暮らしを拝見させていただくと、元気と刺激をたっぷりと分けて頂けたようでした。「かんじる比良」って、楽しいー!!

今回は僅か3時間半程度で6件回りました。1件あたりにすると約20分ほどでした。エリアが広く、移動時間も掛かる事を実感、迷わないような道案内を充実させなければ、と感じました。

13060125

その後、ツアーに参加できなかった方々も合流しての懇親会に突入。楽しい時間を過ごさせていただきました。ほっとすていしょんさんのお弁当、利助・友さんのプリンなど、こちらも比良の味を満喫させていただきました。

ツアーでお邪魔させていただいた参加店の皆さん、差し入れして下さった皆様、本当にありがとうございました。第2回ミニツアーの開催、楽しみにしております。

posted by 雄倉高秋 at 10:10 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

かんじる比良ミニツアー(前半)

「かんじる比良」に参加してて一番つらいのは、開催中に自分が散策できない事。いつもガイドマップを見ながら、「ここ行ってみたいなー」「ここ楽しそうやなー」と思いながらも行けずじまい。そんな参加店・関係者のために先週の土曜日、かんじる比良の会主催「かんじる比良ミニツアー」を開催して頂きました。

13060101

まずは「麓湖窯」さん。

13060102

芸術的な陶芸が並んでいます。

13060103

そこかしこに不思議な焼き物が。

13060104

もちろん、食器や花器なども製作されており、陶芸教室もされています。

13060105

お話を聞くと、教員免許もお持ちの上、サッカーも指導者レベルの腕前(脚前?)。そしてお庭にはアジサイやバジルを丹精込めて栽培されていて、とても多才!
コナラの木にツリーハウスを作る予定も!?いつでもお手伝いに行かせていただきます。

13060106

続いては、予約販売の蒸しパン屋「むす」さん。お家の前で、笑顔でみんなの到着を待っていて下さいました。こちらのお家は築200年の古民家。屋根はカバーしていますが、茅葺です。

13060107

こちらは厨房。ここでたくさんの蒸しパンが生まれます。普段はイベントでの出店、または予約販売のみ。

13060108

このツアーのために、大量の蒸しパンをご用意して下さっていました。感激!

13060109

このセンスの良い古民家。置いてある家具も全て最初から置いてあったと聞いて驚き!かんじる比良の時はこの広間をお客様に開放されていたそうです。

13060110

こちらはおくどさん。この存在感に圧巻です。こだわりのある暮らしが伝わってきました。

13060111

つづいては「モッサリーナ」さん。眺めの良い高台にご自宅と工房、ご主人の骨董品屋さんがありました。なんと全てご主人がセルフビルドで建てられたそうです。

13060112

工房には、古布を使った作品が所狭しと並べられていました。

13060113

13060114

ついで(?)に、ご主人の骨董品屋「あたらしや」さんも見せて頂きました。

13060115

いろいろなものが溢れていてワクワクしました。こちらの営業は月1回のみだそうです。(後半へつづく)

posted by 雄倉高秋 at 10:34 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月21日

「かんじる比良2013ハルヒラ」レポート 〜ショールーム編〜

001_2

かんじる比良2013ハルヒラ」の2日間、スープファニチャーにたくさんのご来店、本当にありがとうございました。2日目後半は、やはり雨が降り出してしまいましたが、それでもたくさんのお客様にお越しいただき、色んなお話が出来てとても楽しい2日間でした。その様子をご報告したいと思います。まずはショールーム編。

002_2

ショールームオープンとワークショップの同時開催ということもあり、10時前から駐車場はいっぱい。

003_2

工房裏の広場もお借りして臨時駐車場に。こちらにも車がズラリ。

003a_2

ショールーム前ではアトリエ・山林舎さんによる「森のタイニーハウス」の製作風景、ハンドヒューイングの見学をしていただきました。カナダ在住のログビルダー、ナカさんにもお手伝いいただきました。ありがとう。

004 

見学者の中には小さなチャレンジャーも。山林舎の代表、野田さんが丁寧に指導していました。このお子さん、次の誕生日のプレゼントはこの「皮をはぐ道具」が希望だそうです。

004a

スープの森のタイニーハウス建築現場。まだ土台しか組みあがっていません。楽しみにされていた皆様、申し訳ありませんでした。今後も進捗状況を随時UPいたします。

004b_2

スープの森には山林舎さんのハンモックがあちこちに展示されていました。ハンモックに横になり上を見上げれば、新緑と青空、最高の景色が広がっていました。

005

ショールームの小さな玄関前では人気者「スープくん」お出迎え。

006

いつもは静かな小さなショールーム内では、絶えずお客様が賑わっていました。

007

デッキではミニコンサートも!「ほっとすていしょん比良」さんで田んぼコンサートを終えた「ほっとらいん」さんが遊びに来てくれました。

008_2

ウッドデッキ横は、happy sweet キミドリさんのブース。安全安心な食材のみを使用した素朴な焼き菓子の販売、高島市・堀田さんのお米も販売されていました。

009 

小さなお客さんも買いに来てくれました。

010

2日目は昼から雨の予報だったので、ショールーム内で販売して頂きました。

011a_2
011

こちらはアトリエ・山林舎さんのコーナー。なんと、ログハウスビルドと並行して、ログに似合う薪ストーブ、建築金物やハンモック、マグカップなどを販売するショップ「Log Barn's」を秋にオープン予定、現在準備中だそうです。今回その商品の一部を持ってきて頂きました。仲の良い野田兄弟!

012
ショールーム回りのブランコやガチャポンプで遊ぶ子ども達。思い出に残ってくれるといいな。
014

ショールームで販売している枝笛。お気に入りになったみたいです。

015

スタッフ皆で記念撮影。左からスープファニチャー雄倉家族、キミドリ荒木夫妻、山林舎野田兄弟。今回のスープファニチャーの「かんじる比良」は、まったくジャンルの違う3組でお届けすると言う形になりました。でもこの3組に共通するものがあります。それはお客様に温もりを届けるお仕事だと言う事。お互いとても刺激になり、勉強になることもたくさんありました。私の誘いを快く受けて下さったお二組に心より感謝します。

私自身も今回いろいろな出会いがあり、新しい発見があり、皆さんに助けられたりしながらも、最高に素敵な2日間を過ごすことができました。接客はあまり得意ではない私、不手際もあったと思いますがこの場を借りてお詫びとお礼を申しあけます。お越しいただいた皆さまに、ワクワクとドキドキを届けられましたでしょうか?

これからも、家具製作やワークショップ、イベントなどを通じて、皆様の暮らしにほんの少しの温もりを届けられたらと思っています。

                       スープファニチャー代表 家具職人 雄倉高秋

016_5
トレー:SOUP FURNITURE
マグ :アトリエ・山林舎
菓子 :HAPPY SWEET ki-mi-do-Re

posted by 雄倉高秋 at 10:36 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする