2014年03月06日

啓蟄

虫たちも冬眠から目覚める頃です。
虫といえば昆虫ですが、昆虫以外の虫ってわかりますか?
辞典によると「獣・鳥・魚類以外の小動物全般を指す」です。つまり、蛇や蛙、カタツムリ(蝸牛)なんかも大きくは「虫」と分類されるそうです。そういえば全部虫偏ですね。

話はそれましたが、そうこうしているうちに3月に入りました。薪ストーブを点けなくてもいい日も出てきたかと思えば、冬将軍が暴れる日もあります。

写真は朝からちらついていた雪が一瞬止んだ夕方に撮影したものです。森一面、まるで一気に花開いた桜のよう。その後また降り始めた雪、今夜は積もりそうです。

もうすぐ春。残り少ない寒い冬の日々も名残惜しくなってきました。

Img_9645

posted by 雄倉高秋 at 20:56 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

今日の昆虫

塗装をしていると、どこからともなく飛んできたテントウムシ。

今日は朝から雪ではなく雨。来週には立春。
まだまだ寒い日も多いですが、すこしづつ春が近づいてきているのですね。

14013002

続きを読む
posted by 雄倉高秋 at 08:28 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月27日

森での暮らし

スープファニチャーの工房・ショールーム・自宅は、自然豊かな湖西の森に囲まれています。

朝起きて、洗面所で顔を洗おうとしたら…。

12062701

「ゲジ」です。排水溝から上ってきたようです。よくあることです。毒はありませんが不快害虫です。適切に処置し、気を取り直して朝食。その後はリサと散歩に出発です。

我が家の門とその横の花壇には、夜は鹿よけのネットを張っています。開けようとして門柱に手を伸ばすと…。

12062702

蛾です。ネットをはずすとき、一斉に飛んで来ます。毎日のことです。気にしません。

散歩も終わり出勤します。歩いて2分で工房に到着。工房を開け、ショールームを開け、空気を入れ替えます。玄関に出、新鮮な森の空気を胸いっぱいに吸い込み、今日も一日頑張るぞ!と気合を入れて、ふと上を見上げると…。

12062703

キイロスズメバチの巣です。既に十匹ほどが孵っています。よくある事です。でもショールームの玄関は少し困ります。適切に処置し、気を取り直すため一息つきます。

この季節、湖西の森は入れ替わり立ち替わり種々の花が咲き乱れています。ショールームの玄関前には、妻の手入れしてくれた花が、地植え、鉢植え共に美しく咲き誇っています。ふと気付くと、昨日まであった地植えの花がありません…。

12062704             (左)昨日                      (右)今朝

シカの仕業です。きっとおなかが空いていたのでしょう。仕方ありません。自然豊かな森に移り住んだのですから…。

以上、この場所での日常的な生活の一コマでした。

スープファニチャーの工房・ショールーム・自宅は、自然豊かな湖西の森に囲まれています。是非一度お越しください…。(泣)

posted by 雄倉高秋 at 09:17 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

不思議

12051601

飛行機雲と一文字の虹。
よく見ると一文字ではなく上向きの円弧のよう。
ここに暮らし始めて、虹をとても身近に感じる。

===================================================

 

 

 

posted by 雄倉高秋 at 13:29 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

啓蟄

工房に置いてあるジャムの空き瓶。この中で二つの命が約4ヶ月間冬眠をしていました。ひとつ目はこちら。

12033001

体長5cmのオオスズメバチです。秋の工房の中を、睡魔に襲われて朦朧としているところを保護しました。普段は怖いスズメバチですが、おとなしいとカワイイものです。そして二つ目はこちら。

12033002

さなぎから変態したばかりのカミキリムシです。薪割りの時に薪の中から出てきました。幼虫はよく出てきますが成虫の形は少ないです。

ひとつのビンで二人仲良く冬眠していましたが、温かくなってきてビンを覗くと動きが活発になってきたので、逃がしてやることに。

駆除する時もありますが、森の大事な生態系のひとつでもあります。どちらも無事冬眠から覚めて、めでたしめでたしでした。

12033003

posted by 雄倉高秋 at 09:11 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする