2011年12月10日

危険…

吹っ飛んだ材が、私の耳の横10センチをかすめた。木工旋盤で、お椀を製作中の出来事だった。

11120901

材は直径約10cm、厚さ10cm程のホワイトアッシュ。毎分3000回で回転している最中、刃物が材をキャッチ(引っかかってしまうこと)してしまった。飛んできた瞬間、思わず目をつぶった。私の後方に飛んで行った物体は、予想では「ガチャーン!」と何かに当たって壊れる音がすると思ったが、実際は以外にも「コトン…」程度の、床に落ちた音だった。

フェイスガードもしていなかったので、顔に当たらなかったことに胸をなでおろし、かなり落ち込みながらも、飛んでったものを拾いに行ったのだが…。

どれだけ探しても見当たらない。そこそこ散らかっている工房ではあるが、10cm四方の材料が見つからないほどではない、はずだが、床も、作業台の上も下も、棚も、壁も、蛍光灯の上も、足元にも、どこにもないのである。

11120902_2-----------------------------旋盤から飛んでった方向をみたところ

これはもう、うま〜い具合に4次元ポケットに入り込んで、宇宙まで飛んでったのかもしれない。誠に不思議である。

木工旋盤はまだまだ未熟な私。くせのある材が固すぎたのか、刃物の当て方が悪かったのか、刃物の研ぎが足りなかったのか、旋盤が悪いのか…、誰か教えてください。気を取り直してもう一度いちから作るかー、怖いからもうやめるかー悩み中です…。

posted by 雄倉高秋 at 08:31 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

顔写真

「スツールの座編み教室」 参加者募集!詳しくはコチラ!

先日TVを見てたら、よい企業かあやしい企業かの見分け方をやっていた。それは、ホームページの社長のあいさつのページに顔写真があるかどうかだという。やましいことをしている社長は顔写真をのせないらしい。ん、うちのホームページはどうだっけ?確認してみると、昔は掲載していたが、リニューアルしてからはなくなっていたようだ…。別に怪しいことはしていないのだけど。ということで(?)、あわてて顔写真を載せました。ご興味のある方はぜひどうぞ。(右上のリンク「スープファニチャー」をクリック)

下の写真は工房に付いていた呼び鈴。ドイツのアンティークですが現役。ショールームができたのでショールーム前に移動させました。100m先の自宅につながっています。営業時間内なのに店主不在の時は押してみてください。

11111401

posted by 雄倉高秋 at 21:50 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

編み間違い

「スツールの座編み教室」 参加者募集!詳しくはコチラ!

今日はオーダーで久々に座編みをしました。

さて、下の写真で編み間違えているところはどこでしょうか?

11111301

そう。正解は右の方、横糸を縦糸にくぐらせるのを忘れています。

11111302

写真奥から手前に編んでいるので、実はかなり最初の方。もう一度ほどいてやり直しです。トホホ…。

posted by 雄倉高秋 at 22:08 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

セルフタイマーで。

2011年11月11日11時11分11秒、その時私は地球上にいませんでした…。

暇人ではありません、結構忙しいほうです。

11111101

posted by 雄倉高秋 at 12:40 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

納品後の楽しみ

納品の帰り、一仕事終えた解放感に浸りながらちょっとした買い物をして帰るのが私の楽しみの一つである。といっても本当に大した買い物ではない。足りなくなったビスや金物、妻に頼まれた日用品や食料品など。サラリーマン時代の給料日帰りのウインドウショッピングに似てるかな。でも普段は工房にこもりっきりの私にとっては、この上ない至福の時である。

先日の納品先は奈良市だったので、帰りのことを思うとワクワクが止まらない。

なぜなら帰り道にあるのは、八幡市にある超大型ホームセンター「ムサシ」なのだから。以前は八幡市の隣の枚方市に住んでいたので近かったが、今では年に数回しか行けない距離になってしまった。

ここはほんっとに品揃えがスゴイ。日用品から耕運機、本格的な画材道具から食料品まで取りそろえている。なかでもスゴイのは、日本の木造建築で使用される、あらゆるサイズ・種類の木材・建材・金物などの豊富な品揃えである。建築用木材の名前やサイズなどあまり詳しくない素人にとって、実物が寸法と価格と共に並んでいるのは木材店と違って非常に買いやすい。

11100301

なにを隠そう、うちの工房の構造合板や外壁、そしてショールームの骨組みや屋根材などは、実は大半をここで調達した。当時の状況を示す写真がこれ↓。

11100302

タイヤ周りのクリアランスがほとんどなく、泥よけが地面すれすれにローダウン仕様となってしまった愛車デリカ。窓の中にうっすらと見えるのは…。

11100303

ショールームの外壁・屋根に使用した野地板。その上にはフランス製のアスファルト系屋根材が天井まで隙間なく積み込んである。

今回はこれほどの買い物ではなかったが、それでもちょっとのつもりがあっという間に数時間が経ってしまった。時間が許せば1日なんてあっという間、私にとっては立派なテーマパークである。

昨日、近所に新しくできたレストランに行った。姫路から引っ越してこられたオーナー家族は店の改装の一部を自分たちで工事したそうだ。そしてその材料は、何度もムサシまで買いに行ったのだと聞いて、ムサシの偉大さをまた感じた。

   

posted by 雄倉高秋 at 17:36 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする