2013年11月02日

稲刈り

高島でお菓子作りをされているお友達のki-mi-do-reの荒木君ご夫妻が育てている田んぼの稲刈りを、娘たちを連れてお手伝いしてきました。

13110501

娘は小学校でもお米を育てているようですが、私は稲刈り初体験でした。
ザクザク刈れて気持ちいいのですが、刈った束を積み上げるのにコツが要ります。刈るのは娘たちに任して、私は積み上げる役に。

子供たちも夢中で黙々と作業を進め、予想よりもかなり早く稲刈り終了。

13110502

 次は、刈った稲を干す棚を竹で組みます。

13110503

組みあがった棚に稲を干してゆきます。同じ掛け声を繰り返し、口がおかしくなりそうな荒木君。


13110504_2

3時間ほどで、全ての作業が終了。
ちなみに今日の収穫はお米およそ30kgとのこと。荒木君はこのほかにももっと広い田んぼしているそうです。この後、隣の田んぼをしているお友達の野口君が作ってくれた、ふかしイモをいただきました。ご馳走様でした。

コメを作るということ、体を動かして収穫を得るということ、昔ではごく普通のことだと思いますが、今ではなかなかできない体験をさせていただき、おかげでコメ作りがとても身近に感じられるようになりました。次は田植えからやってみようかな。

13110505_3

↑ 落ちていた稲を「爪脱穀」する娘たち。

posted by 雄倉高秋 at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック