2012年11月16日

ガチャポンプ(その1)

事の始まりは昨年の12月。当時小1の次女の誕生日直前、プレゼントに何か欲しいものあるか?と聞くと帰ってきた答えは「ガチャポンプ!」。渋いとこ来たなぁ。
悩み症の長女と違って欲しいものはいつでもすぐ決まり、そして揺るがない性格の次女。なぜガチャポンプなのかを聞き出すと、どうやら「トトロ」のなかででてくるらしい。

日曜大工が嫌いではない私は、早速いろいろググッて見ると、中古なら安くて入手できそう。動くかどうかの保証はないが、無事1500円で落札できました。数日後届いたポンプは見るからにサビサビで触るだけで手がまっちゃっ茶。動くかどうかも分からず、その上季節も寒くなり雪まで降ってくる始末。次女には「春になったら」と言い聞かせてほったらかしに。

何かあるたびに次女に「ガチャポンプは?」と言われ続けること11ヶ月(笑)。来月には次の誕生日がやってくる。ということでようやく重い腰を上げたのでした。(つづく)

12110201

posted by 雄倉高秋 at 13:24 | Comment(0) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: