2012年02月04日

立春

昨夜は節分、例年通り我が家にも本格的な鬼がやってきました。が、とうとう正体がバレてしまいましたー(いまだにシラを切り通していますが…)。一夜明け、同時に長かった私の厄年3年間が終わりました。実は最初の1年、前厄の年は全く気付いていませんでした(笑)。数え年で数えることに気付いていなくて。

3年間、無事に何事もなく過ごせましたが、今思い返せばリサの大病が、ひょっとして身代わりになってくれていたのかも。

リサが命を落としかけたことで、リサの大切さをも思い知りました。それまで「飼っている」と思っていましたが、実は「守られている」「愛されている」と感じるようになりました。いつかはお別れの日が来るのだろうけれど、それまでたくさんの時間と愛情を注いであげようと思っています。

そして今日から春が立ちました。とはいえまだまだ厳しい寒さ・雪が続き、その次には花粉の季節…。気持ちよく過ごせる日々はまだまだ先やなー。

12020402

posted by 雄倉高秋 at 13:08 | Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: