2010年03月19日

春の訪れ

10031901

春。あちこちで春の訪れを感じます。

森の中では木々の新芽や蕾。ヤマガラやメジロ、様々な種類の野鳥も恋の季節。工房では眠りから覚めたカメムシやテントウムシ、蚊やハエも。アスファルトにはプレスされたカエルがあちこちで。無念。

昨日は次女の幼稚園の卒園式。今日は長女の小学校の卒業式。どちらも送る側ですが、淋しさは少し感じている様子。

春。別れと出会いを繰り返し、人と自然に囲まれて日々成長して行く子どもたち。ここにきて良かったと実感します。四季の自然の変化を感じられるようにと願いを込め、風香・花音と命名してからいくつもの季節が流れました。いまのところ、願いどおりすくすくと成長してくれています。

そのうち、あっという間に大きくなってお風呂も一緒に入ってくれなくなるんだろうなー。

posted by 雄倉高秋 at 13:26 | Comment(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
Posted by レストランであいせきは滅多に無い at 2010年03月19日 15:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: