2014年07月25日

カーロック&クレセント

先日、工務店さんから木製窓のご相談をいただき、パイン材の窓の試作品をお作りさせていただきました。

既製品のサッシは、防水性・機密性・断熱性に優れ価格も手ごろですが、どれも同じで個性がありません。木製窓の既製品もありますが、高価だったり輸入品でパーツがすぐに揃わなかったりと不満も多いようです。

今回、スープファニチャーでお作りさせていただいた窓は、既製品ほどの機能性はありません。サッシのようにいつまでも劣化の少ない材質ではないので、2〜3年おきの塗装も必要です。梅雨時期には開け閉めが少し硬くなったりするかもしれませんし、小さなアリやびわこ虫の侵入は防げないかもしれません。

それでも、それでも、天然素材である木製の窓は、無機質な工業製品と違ってインテリアにも自然に溶け込み、住む人をなごませてくれるのではないでしょうか。どんどん味わい深くなっていく自然素材の表情は素敵なものです。

考えられる工夫はすべて詰め込みました。もちろん窓はペアガラスを使用しました。モヘアとパッキンを全周に回し、できる限り隙間を無くしました。開き戸も素敵なので作ろうかと悩んだのですが、網戸を使用するのが前提の日本の環境での使い勝手を考慮して、引き戸と上げ下げ窓に絞りました。

14071602_2 今回、家具ではあまり使わない金物も使用しました。上の写真は、「カーロック」と呼ばれる金具です。別名「汽車窓金具」とも呼ばれます。懐かしいと感じる人もいるのではないでしょうか。真鍮製です。

14071601 これは皆さん見たことがあると思いますが、名前は知らない方も多いのでは?「クレセント」と言います。こちらも今では珍しい真鍮製です。

年月が経つとともに、味わいの増すやさしい窓に仕上がったと思います。一つづつ手作りでお作りさせていただくスープファニチャーの窓。このテイスト、お客さまに気に入ってもらえるといいのですが。。。

posted by 雄倉高秋 at 10:38 | Comment(2) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

体長約1cm

毎日朝から晩まで、納期に追われながら製作に没頭していますが、もちろん息抜きも必要です。休憩タイムは突然始まります。

機械の上に小さなお客様、体長約1cmのカマキリの赤ちゃんです。かわいい…。ここからしばらく観察タイムが始まってしまいました…。いかんいかん、早く仕事しよ…。(^_^;)

14062504

posted by 雄倉高秋 at 08:31 | Comment(0) | 工房 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

納品させていただきました。(FL arm sofa)

ご注文頂きましたFL arm sofa を納品させていただきました。
今回も、レザーの色は人気の赤!
お部屋にも違和感なくぴったり収まりました。

大変ながらくお待たせして申し訳ありませんでした。
ご注文ありがとうございました。

14070601_2

posted by 雄倉高秋 at 12:59 | Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする