2010年06月29日

準備

10062901

はやいもので今年も前半がもうすぐ終わり。毎日仕事に追われてあっという間です。私だけ1ヶ月が50日ほど欲しいものです。

次の週末は「スツールの座編み教室」、準備も着々と進んでおります。あとは工房の掃除…。

まだ若干の空きがありますので、興味のある方はぜひこの機会に参加してみてはいかがでしょうか。

posted by 雄倉高秋 at 13:35 | Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

陳列棚

10062401

こちらは、小物の陳列棚。鏡と同じサイズでご注文を頂きました。

10062402

上3段の棚は蟻桟になっていて、L字フックパーツと交換が可能。

また、全部はずしてコルクボードにも。

10062403

手芸教室やイベント出店など、多岐にわたりご活躍されているお友達「手工房 結」さんに、ご注文していただきました。

posted by 雄倉高秋 at 23:59 | Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

ワズ!

我が家では私の車と妻の車、隔年の6月に2台同時に車検に襲われる。ちょうど今年の今月がその時期。私の車は15年物、妻の車は11年物。まだまだ走るとはいえ、車検代も年々上昇気味。

そんな時にひとめぼれ。UAZと書いてワズと読む。ロシア製。このとぼけた表情に似合わず道を選ばない走破性。そして荷室の広さ。家具なんてジャンジャン積み込めそう。しかも50年前に生まれたこの車、今でも生産されているのが驚き!

予想通り、乗り心地や操作性・居住性は快適とは程遠いよう。調子が悪いとエンジンがかかるまで1時間かかることも。だが、それにも勝るこの存在感。質実剛健、超アナログ。愛着、湧くだろうな。

とか考えながら買い替える勇気もなく、今年も愛車を車検に出したのでした。

10062201

posted by 雄倉高秋 at 23:56 | Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

no-title

明日20日(日)は燦々ショールームです。お天気はなんとか持ちこたえそうです。13:00〜16:00まで、自宅をショールームにして皆様のお越しをお待ちしております。

posted by 雄倉高秋 at 23:10 | Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家族をみまもる家具

10061901

以前にもご紹介させていただいたスープファニチャーの「ヴィンテージ仕上げ」で、[HI cup board 01]を製作いたしました。高さは2200で、とても存在感があります。

10061903

いつも使用しているオスモは1〜2回の塗装ですが、この「ビンテージ仕上げ」は4〜5回塗装を重ねます。(白いペイントは、オスモ同様、無害で安全な「バターミルクペイント」を使用しています。)さらにそこから傷を付け、風合いを出していく作業に入ります。

やっと完成した家具に傷を付けていくのは、とても緊張します。永い間に人は、この家具をどのように使い、どこをよく触り、どこに傷を付けてしまうのかを想像し、全体のバランスを見ながら少しづつ作業を進めます。

完成したばかりのカップボードですが、部屋に置くと、まるで昔からそこで家族を見守っていたかのよう。本当のアンティーク品だと強度的や衛生的にに不安な場合もありますが、これだと安心です。またオーダ品ですので、あなたのお好きなデザインで「ヴィンテージ仕上げ」をお作りさせていただけます。

10061902

この質感、写真では100%は伝わりにくいかも知れません。興味のある方は是非実物をご覧ください。ショールームにて展示しております。

   [HI cup board 01]
      w1000 × d500 × h2200
     wood:pine
      価格:お問合わせ下さい

posted by 雄倉高秋 at 18:27 | Comment(0) | 家具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする