2017年05月22日

ありがとうござました。

かんじる比良2017、終了しました。
2日間、スープファニチャーにもたっくさんの方々に来ていただきました。毎年来てくださる方、はじめて来てくださった方、本当にありがとうございました。

今回バタバタして写真をあまり撮れなかったのが残念ですが、少ない中からのベストショットは家具より人気のガチャポンプで遊ぶ美女たちでした。

IMG_4503.JPG
posted by 雄倉高秋 at 09:11 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

かんじる比良2017

2017_チラシ表01.jpg2017_チラシ裏01.jpg

かんじる比良2017 5月20日(土)-21日(日)開催!
スープファニチャーのイベントはfacebookをご覧ください。
HPのメインページ下部のfacebook窓でもご覧いただけます。

posted by 雄倉高秋 at 08:53 | Comment(0) | かんじる比良 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

甲賀市 T様

SOUP FURNITURE
雄倉 高秋 様

遅くなりましたが、以前購入させていただいた商品の感想を送らせていただきます。

■ステップ(KM step
_20170407_122530.JPG
始めは子供には少し重たいかなとも思いましたが、現在4歳と1歳の子供達は自分でステップを持ってきて手洗いや歯みがきをしてくれます。市販の子供用ステップのように洗面所の雰囲気を壊すこともなく、大人も使えて重宝しています。

■子供用テーブル&チェア(NUTs low table, First chair
_20170407_122404.JPG
子供のお絵かきやおやつ、お客様が来られた時のサブテーブルetc. 様々なシーンで活躍してくれています。角も丸く重すぎないので、小さな子供達にも安心して使えています。

ダイニングテーブル&チェア&ベンチ
_20170407_122323.JPG
子供達に落書きされたり傷をつけられても、それが味になり思い出として残っています。それぞれのカラーやデザインは最初からあえて違うものをオーダーしたのですが、それでも統一感があり、古民家の我が家にも馴染んでいます。お友達にカフェみたいと言って貰えることもあります。購入して2年以上経ち、先日テーブルがぐらつくようになってしまいましたが、雄倉さんにメールで相談させていただき、教えて頂いた通りに対応すればすぐに直りました。このようにアフターケアも迅速丁寧にしていただけるのは大変ありがたいです。

機会がありましたら、またお願いしたいと思っていますので宜しくお願いします。

T様

この度はいろいろとご注文いただき誠にありがとうございました。シンプルな無垢材の家具が古民家にマッチしていて、スープファニチャーの目指す「身も心もほっこり温まる家具」として活躍してくれている様子が伝わってきました。私の手元から巣立ち、ご家族とともに成長していっている家具を見れたのもとても嬉しかったです。また何かありましたらご相談ください。この度はご利用誠にありがとうございました。
続きを読む
posted by 雄倉高秋 at 08:13 | Comment(0) | お客さまからのお便り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

10年来の夢(後編)

メイプルシロップを作るには、樹液(メイプルウォーター)を40分の1になるまで煮詰めなければいけません。
つまり、500ccのメイプルシロップを作るには20Lの樹液が必要になります。

なので今回私が用意したペットボトルは2Lが10本。大変ですが、とりあえずこれを満タンにできれば、500ccですがメイプルシロップが…。笑いが止まりません。とりあえず様子見で5本設置しました。

Photo taken on 2017-02-26 08-38-54.jpg

セットした翌日、ほとんど樹液は出ていません。ちょっと時期が早かったのか。もう少し様子をみます。

3日目、相変わらず樹液は出ていません。ここで気づきました。ペットボトルは密封されていて、空気の抜ける場所がありません。これでは圧力がかかり樹液は落ちてこないわけです。ペットボトルのキャップを少し緩め、空気が抜けるようにします。

5日目、ペットボトルの底に小さじ1杯分の水分が!これがメイプルウォーターというやつか。そろそろ時期が近付いてきたのかな。もう少し様子をみます。満タン満タン。

IMG_20170410_082438.jpg

7日目、あまり変わっていません。まだ時期が早いのかな。もう少し様子をみます。

10日目、全然変わっていません。早い時期にあけた穴が乾燥してしまい、樹液を通さなくなっているのかも。木へのダメージも気になりますが、1回だけ場所を変えて設置し直してみます。

20日目、全然変化なし。天気は下り坂。雨あがりに期待します。

30日目、ほぼ変化なし。間もなく4月。もう無理なのか?

40日目、僅かにたまった水分の中にヤスデが溺死。キャップの隙間から侵入した模様。即、ペットボトル全撤去。そして終了。チーン。

撤去した穴は木栓で塞いで、木の修復の手助けに。もちろん木目の向きは合せました。

IMG_20170410_082810.jpg

ということで、今回のメイプルシロップ計画はみごと惨敗に終わってしまいました。(泣)
時期が悪かったのか、木が小さかったのか、樹種が悪かったのか…。来シーズンが来るまでもう少し勉強してみます。それとも30年計画で自分で苗からで植えるか〜!(^_^;)



posted by 雄倉高秋 at 07:00 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

10年来の夢(前編)

2月某日、雪の残る自宅裏の森に入りました。ここに越してきて10年来の夢の実現に向けての第一歩です。その夢とは…

「自分で採取したメイプルシロップでホットケーキを食べることーっっ!!!」

新婚旅行先のカナダで食べた本場のメイプルシロップの味に感動し、日本に帰ってきてもたまに買ったりしてましたがハチミツより高価で…、そのうち買わなくなってしまいました。

しかし、とある本で見かけた私の尊敬する藤門弘さんの暮らしぶりの中に、メイプルシロップを採取するくだりを発見し、日本でも自分で採取できることを知り、いつか実践したいと思っていました。その後、幸い街中から今の場所に越してきて環境はそろったのですが…。

メイプル、すなわちカエデの木です。いくら探しても手ごろなカエデの木が見つかりません。結局そのまま諦めてしまいました。それから10年、昨年の秋、森を散歩途中にそこそこ(直径10cm以上)のカエデの木を発見ー!!!よく探すと、なんと計10本ほどのカエデの木を見つけました。

そして2月、ついにこの日が。ころ合いを見図って樹液の採取作業に。この日のために本場カナダから取り寄せた道具がこれ。

IMG_20170408_171829.jpg

樹液採取用の道具、スパイルといいます。木に穴を開けこれを突っ込みます。

ちなみに穴あけには電動工具を使えば楽ですが、あえて使いません。

「人力のうちは環境破壊はありません。エンジンや電気などの機械を使いだすと、人間は神になったと勘違いしてしまいます。」

と柳生弘さんもおっしゃっています。なので手動。クリックボールでギーコギコ。

Photo taken on 2017-02-26 08-29-38.jpg

そこにスパイルを打ち込みペットボトルをぶら下げます。

Photo taken on 2017-02-26 08-38-44.jpg

これで数日後には大量に。むふふ。しばらく様子をみます。
(後編に続く)

posted by 雄倉高秋 at 09:56 | Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする